山形 パソコン教室 パソコンスクール ホームヘルパー 簿記 資格 就職 レッツコンピュータ学院 レッツライセンスアカデミー


 

大きい動画で見る
 

大きい動画で見る
 

大きい動画で見る
 

日商PC検定とは、パソコンを使って的確に、効率的な仕事ができる能力を証明する資格。
パソコン全般を網羅する資格である特徴から、
就職、転職時など、企業向けにも評価される資格。
 
日商PC検定試験は、「日本語文書処理技能検定試験」および
「ビジネスコンピューティング検定試験」を、
より現代のネット社会にあった試験内容・方法へと変え、
2006年4月より新たにスタートした日本商工会議所主催の検定試験です。
PCの操作にとどまらず、実務に直結した問題が出題されるため、
企業や教育機関に高い評価を得ています。
業務データ処理、分析、活用能力
○業務データベースの構築
○業務データの活用、分析
○業務データベースの管理
・ビジネスデータの取り扱い
・表、グラフの作成
・業務数値の計算、分析
・効率的な作業手順の考案
・業務問題解決や戦略、方針の立案
・ファイル体系の構築 等

仕事力がアップする
・現在の企業実務では、パソコンが
使えるだけでは評価は低い。
(使えないと仕事にはならない)
・パソコンの利活用と通常業務が
一体となった。(全ての業務が
パソコンを介して行われる)
・パソコンをいかに利活用して、
仕事を進められるかが、
ダイレクトに能力評価に結びつく。
・企業実務に即した
検定試験でないと意味がない。

日商PC検定は一面的にはパソコンやネットワークの操作・活用能力を問うものですが、試験では実際の企業実務を想定した内容で、本質的には仕事力を問うものであるといえ、学習を通じて仕事力のアップを図るものであるといえます。
 
 

ネットワークの利活用
・現在の企業実務では、
全てのパソコンが
ネットワークにつながっている。
・電子メール、ホームページはじめ
ネットワークが企業活動の
基盤となった。
・ネットワークにより、社内、社外と
電子データを流通、共有、活用する
ことが業務の前提となった。
・ネットワークを活用した仕事の
進め方や仕事術を学ぶ必要がある。

パソコンとともに、ネットワークの利活用は企業人として必須のスキルになっており、これを有効に活用する仕事の進め方や新たな仕事術を学ぶことが求められています。日商PC検定では、文書の作成から保存、再利用まで、あるいは業務データの発生から活用、保存まで、ネットワークを前提とした内容になっています。

デジタル仕事術が身に付く
・現在の企業実務では、紙媒体主体
から電子データ主体にビジネス
スタイルが変化している。
・電子データの特徴と
その取り扱いを理解し、
デジタルパワーを業務に
活かすことが重要である。
・電子データを主体とする
新たなビジネススタイルに
対応した仕事術を身につける
必要がある。

日商PC検定では、パソコンやネットワークの利活用能力に加えて、デジタル仕事術を身につけることができ、企業現場において仕事力で差をつけます。
 
 
 
 

インターネットで試験の実施から採点・合否判定まで行う「ネット検定」です。
会場のパソコンを使用。基本的には、WordとExcelが対象となります。画面上より受験者情報を入力し、試験開始のより問題がダウンロードされ知識問題から回答、次に実技科目に移ります。質疑問題の解答終了後、すぐに画面上で合否が確認できます。
受験手続が簡単!
試験執行時に問題をダウンロード。事前準備が必要ないので試験間際まで受験申込ができる。
試験結果(合否)が即時に分かる!
試験終了と同時に自動採点し、瞬時に合否結果を公表。
受験機会が増える!
いつでも検定試験の執行が可能。
区分 レベル 分野 試験内容 試験時間 受験料
1級 企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、ネット社会のビジネススタイルを踏まえ、企業責任者(企業責任者を補佐する者)として、経営判断や意思決定を行う(助言する)過程で利活用することができる。 文書作成 企業実務における文書作成や表計算などのアプリケーションソフトの利活用能力と、ネットワーク環境下におけるITの利活用に資する知識・スキルを問う内容となっている。

各級・分野の詳細な出題範囲は、「商工会議所・日商PC検定」のホームページに記載されております。
実技問題30分
 
知識問題60分
10,000円
データ活用
2級 企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、部門責任者(部門責任者を補佐する者)として、業務の効率・円滑化、業績向上を図るうえで利活用することができる。 文書作成 実技問題40分
 
知識問題15分
7,000円
データ活用
3級 企業実務に必要とされる基本的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、自己の業務に利活用することができる。 文書作成 実技問題30分
 
知識問題15分
5,000円
データ活用